校長室より

校長ブログ

さあ!いよいよ夏休みです

 本日(7/21)は、看護科・専攻科ともに夏季休業前最後の登校日です。

 まずはじめに、全校生徒で大々的に大掃除を行いました(専攻科1年生は模試のため時間をずらして実施)。なんと、生徒も先生方も、体育着やクラスTシャツ等に着替えてという気合いの入れようです。本校では、生徒たちが看護師を目指しているだけあって、身の回りの環境をきれい&衛生的に整えることに対する意識がとても高く、大掃除の際は制服でなく汚れてもいい服装に着替えるのが伝統的なんだそうです。夏休み直前も、またまた…校長はかなり感動しています!

 画像は、生徒たちの掃除の様子です。誰一人として手を抜いている生徒はおりません。教室等のカーテンはすべて外して洗濯&交換します。床の輝き具合にご注目です!

  

  

 

 大掃除のあと、看護科1~3年生は体育館に集合し、全校集会を行いました(専攻科は別メニューで学年ごとに集会を開催)。暑い中でしたが、生徒たちの話を聞く態度はとても立派でした。いよいよ明日から夏休みですが、コロナ対策に十分留意しながら、楽しく有意義に過ごしてくださいね。

 次の登校日は看護科は8月30日(月)、専攻科は9月1日(水)です。また、元気にみんなで常盤高校で会いましょう!

 看護科全校集会「校長講話」の内容は →  こちら

0

看護科学年集会

 夏休みまであと2日となった本日(7/20)、看護科では学年ごとに学年集会を行いました(専攻科では、通常授業や模試等の日課でした)。夏季休業中の課題及び事故・感染症防止や心のケアに向けた啓発プリント等を配布し、担当の先生方から夏休み中の生活上の注意や、心がけるべきことなどをお話ししていただきました。

 長い夏休みになりますので、病気・ケガ・事故等がないよう、また、感染症拡大防止に留意しながら、規則正しい生活習慣の維持に努めてください。気が緩む時期でもありますので、トラブル等に巻き込まれないよう、特に、SNSなどのネットの使い方にも十分注意してほしいと思います。保護者の皆様も、ぜひご協力ください。

 明日は、看護科・専攻科とも夏休み前の最後の登校日です。梅雨明け以降、酷暑の日が続いていますが、熱中症予防を心がけて明日も元気に登校してくださいね!

  

      1年生 学年集会                                       2年生 学年集会                                         3年生 学年集会

 

0

薬物乱用防止教室

 夏休みがいよいよ目前に迫った今日(7/19)、看護科1~3年生の生徒を対象に、NPO法人埼玉ダルクから講師の方をお招きして「薬物乱用防止教室」を実施しました。市販薬、お酒・たばこ、さらには、麻薬や覚せい剤など様々な薬物の害について理解を深め、また、私たちがどのように行動すべきかについて深く考えるきっかけとなる有意義な講座でした。

 看護師を目指す常盤生の皆さんは、一般の高校生以上に、薬物乱用防止に対する高い意識が必要であると私は考えています。今日学んだことを自身の今後のためのみならず、皆さんの「周りの人たちのためにも」という想いを持ちながら、薬物乱用根絶に向けて行動していってほしいと願っています。

0

梅雨明け宣言!

 本日(7/16)、先ほど午前11時、気象庁は「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました(私も気象庁HPで確認しました)。今年は平年よりも梅雨入りが7日遅く、梅雨明けが3日早いとのことで、いつもより短い梅雨となりましたね。

 現在、常盤高校では、看護科は前期の期末考査が終わり、専攻科は2年生が臨地実習に取り組んでいます。看護科、専攻科とも夏休みまで残すところの登校日は今日を除いてあと3日です。いよいよ本格的な夏到来ですが、感染症防止対策にくわえて熱中症予防にも留意していきましょう。

 画像は、たった今、校長室の窓から撮影した「常盤高校の夏空」です。

0

専攻科看護校内実習&看護科前期期末考査

 専攻科2年生は、病院や在宅看護の実習のほか、コロナ禍の影響もあって校内での看護実習にも取り組んでいます。今日は、母性看護実習の一環として、乳児のモデル人形を使って育児に奮闘する母親を体験する実習に取り組んでいる生徒たちが、校長室を訪ねてくれました。

 赤ちゃん人形の重さはおそらく2~3㎏くらいと思われますが、今日のような蒸し暑い日に抱っこしながら移動したり階段の上り下りをしたりするのはかなりしんどいだろうなぁ…と思いました。でも生徒たちは皆笑顔で、それぞれの人形に「名前」を付けて大切に抱きながら実習に臨んでいます。皆さんだったら、きっと、赤ちゃんを慈しみ育てるお母さんの気持ちに寄り添うことのできる看護師さんになれます。ぜひ、頑張ってください!

 

 さて、話はかわって、看護科の生徒たちは、今日から前期期末考査がスタートです。私も先ほど、考査に臨む生徒たちの様子を廊下からうかがってみましたが、皆真剣に答案用紙に向き合ってカリカリと答えを記入していました。ここ数日で、急に今までよりも蒸し暑くなってきたので、体調管理に注意して考査最終日まで乗り切ってほしいと思います。看護科の皆さんも頑張ってください!

0

女子栄養大学による説明会

 6月29日(火)放課後、女子栄養大学の先生方を本校にお迎えして、同大学への編入学に関する説明会を開催しました。本校専攻科を修了後、生徒たちの多くは病院等の医療機関に就職していきますが、一方、大学に編入学することで、看護師以外の様々な進路選択の幅を広げることもできます。これまでも、本校修了生の中には、女子栄養大学(栄養学部保健養護専攻学科)に編入学し、養護教諭を目指すべく頑張っている人もいます。

 今日の説明会では、看護科、専攻科それぞれから多くの生徒が説明会に参加してくれました。生徒たちには、ぜひ、将来の様々な進路の可能性の中から自分なりの「納得解=最適解」を見つけて、夢の実現に向けて頑張ってほしいと思います。

 お忙しい中本校にお越しいただきました女子栄養大学の先生方、本当にありがとうございました。

 

0

進路ガイダンス

 6月29日(火)、看護科1~3年生はそれぞれ学年ごとに進路ガイダンスを行いました。

 ご存じのとおり、本校は看護科&看護専攻科を設置している高校ですので、生徒たちは本校を巣立ったあと看護師、助産師、保健師など医療や保健関係の進路に進むことになります。したがって、本校の進路指導では、他校とちょっと趣が違い、看護師になるための系統的&段階的なキャリア教育や「自分はどんな看護師になりたいのか、そのためには何を学び、何をすべきなのか」深く考えさせる指導を特に重視しています。

 今日は、令和3年度版の常盤高校「進路の手引き」を活用しながら、各学年の段階に応じて担当の先生方からレクチャーをしていただきました。「常盤ブログ♬」にも本日のガイダンスの詳細な様子が掲載されています。ぜひご覧ください。また、保護者の皆様におかれしては、お子様に配布された「進路の手引き」をぜひぜひ! ご一読ください。

 以下に、「進路の手引き」に掲載した私からの巻頭言も掲載いたします。生徒たちへの期待や熱い想いを私なりに書かせていただきました。

 令和3年度常盤高校「進路の手引き」校長の巻頭言は → こちら

  

   1年生進路ガイダンスの様子                    2年生進路ガイダンスの様子       3年生進路ガイダンスの様子

0

救急救命法に関する授業

 今日(6/24)の看護科2年生の「基礎看護」の授業では、日本赤十字社埼玉県支部(以下「日赤埼玉支部」)と本校とをリモートでつないで、胸部圧迫法やAEDを用いた救急救命法に関する講座を実施しました。講師の日赤埼玉支部の方々からオンラインでの説明を受けたあと、生徒たちは、あらかじめ用意した空のペットボトル(500ml用)を用いて演習に取り組みました。

 将来の看護師の卵である生徒たちのモチベーションも非常に高く、どの生徒も真剣な表情で講師の先生から示されたポイントをしっかりメモしたり、ペットボトルを用いた胸部圧迫の演習に臨んだりしていました。

  

0

看護の授業でのプレゼンテーション

 本校の授業では、口頭発表やプレゼンテーションなどに取り組ませることを通して、生徒の情報発信力や自己表現力を高める活動をとても重視しています。今日は、2年生の「成人看護」の授業で、代表的な成人病の一つである動脈硬化に関する調べ学習のプレゼンテーションが行われると聞き、授業の様子を見学してきました。

 生徒たちは各グループに分かれて、それぞれが疑問に思ったことや調べたいことなどを調査し、その内容をホワイトボードにまとめて発表していました。動脈硬化の種類、原因、症状、予防法や治療法、他の病気との関連性…などを細かく調べてまとめてくれました。私も質問の機会を与えてもらえましたので、「一人の患者として」という観点で生徒たちに疑問に思ったことを質問しました。生徒たちも、質問に対して、わかりやすく的確に答えてくれました。

 将来、看護師として患者さんに向き合う際、「伝えたいことをわかりやすく表現し説明することができる力」は必須です。これからもこのような活動を通して、表現力やコミュニケーション力をどんどんブラッシュアップしてほしいと思います!

  

0

第50回「戴帽式」を行いました

 本日(6/18)、第50回「戴帽式」を挙行いたしました。新型コロナウイルス感染症対策として、他の式典と同様に、会場が密にならないよう来賓の方々はお招きせず、保護者は各家庭1名のみの参加とし、生徒も対象学年である看護科3年生のみが参加する形で実施いたしました。この日のために、生徒も教職員も計画的に準備や練習に、そして、昨日の会場づくりに一生懸命取り組んでくれました。また、平日のお忙しい中にもかかわらず、ほとんどの保護者の皆様方にご参加いただきました。あらゆる方々のご協力のおかげで、生徒たちにとって一生の思い出に残る素晴らしい式を執り行うことができました。私も、校長として初めて式に臨み、厳粛かつ神聖な式が進行できたことにとても感謝しております。本当に本当に…ありがとうございました。

 本日の式の様子(画像)は、「常盤ブログ♬」に掲載されております(私は、式の間ほとんど壇上におりましたので写真を撮ることができませんでした)。ぜひご覧ください。

 下記に、本日の戴帽式の「校長式辞」を掲載いたします。

 

  第50回戴帽式「校長のことば」は →  こちら

0