校長室より

校長ブログ

情報セキュリティ講座 

 4月19日(金)1,2時間目の時間に看護科1年生から3年生を対象に「情報セキュリティ講座」を行いました。特に看護師の仕事は守秘義務が一番大事です。また、多くの生徒がSNSを使っている現状から、様々な事例を紹介していただき、それぞれが聞くだけでなく、考える講座となりました。

 スマホもパソコンも単なる道具です。ほんの一つのツイートがすべてを台無しにしてしまうこともあります。道具の正しい使い方をしっかり守っていきましょう。

 桜の季節は終わりましたが、本校の校門付近には、ハナミズキがきれいな花を咲かせました。

                                   校 長   鴨志田 新一

 

 

0

新入生歓迎会!

 令和6年度がスタートして一週間が過ぎました。4月15日(月)午後には、体育館で新入生歓迎会が行われました。入学式以来、看護科の3学年が一堂に揃うのは初めてです。各部活動の紹介やパフォーマンスや有志の発表などがあり、大変盛り上がりました。

 新入生の皆さん! 入学式以来、緊張の毎日でしたが、今日は楽しめましたか?

 常盤高校は、勉強もしっかりしますが、行事になると、とても盛り上がり、学校が一体になった感じがします。今日から、看護の勉強が始まったクラスもありました。少し気温が高いですが、体調管理には留意しましょう。 

                                     校 長   鴨志田 新一

 

 

0

新入生オリエンテーション

 4月9日(火)は朝から強い雨と風から始まりました。常盤高校は、電車やバスを使って通学する生徒も多いため、新入生にとっては、今日の朝の登校は大変だったと思います。

 4時間目には、生徒会主催の新入生オリエンテーションが別館3階で行われました。常盤高校に早く慣れてもらおうと生徒会の生徒がパワーポイントで学校概要を説明したり、寸劇で「ときわあるある」を演じたりしてくれました。

 15日(月)には、新入生歓迎会も予定されています。

                                     校 長  鴨志田新一

 

 

0

令和6年度が始まりました!

 4月8日(月)常盤高校では、午前中に新任式、始業式を、午後に入学式を行い、令和6年度がスタートしました。始業式の校長講話では、本校の校歌を作詞した宮澤章二さんの「行為の意味」という詩を紹介し、「こころづかい」や「思いやり」に溢れた常盤高校を作っていきましょうという話をしました。

 午後の入学式では、80名の新入生の入学を許可し、校長式辞では、看護の勉強は大変だけど、校歌の歌詞にある「友と手を取り 学ぶとき 天使の声を胸に聞く」という一節を紹介し、同じ志を持つ、仲間と共に学び続けましょうという話をしました。

 新入生の皆さん 今日の決意を忘れずに、常盤高校の5年間を有意義に過ごしてください。

                            校 長  鴨志田 新一

                              前期始業式校長講話.pdf

                              令和6年度入学式式辞.pdf

 

                     

 

0

卒業証書授与 後期終業式

 3月22日(金)常盤高校では、看護科3年生への卒業証書授与と生徒表彰、3年間皆勤表彰を行いました。本校は、5年一貫教育なので、専攻科2年生の時に修了式を行っています。今回は、高校3年間の課程を終え、高校の卒業証書が授与されました。

 その後、後期終業式を行い、令和5年度の学校生活も一区切りを迎えました。明日から、春休みです。私が校長講話でお話したことを思い出して、有意義な時間を過ごしてください。

                                 校 長  鴨志田新一

                                 後期終業式校長講話.pdf

 

0

球技大会を実施!

 3月18日(月)19日(火)の両日、看護科1~3年生で球技大会を実施しました。実施種目は、バレーボール、バスケットボール、ドッヂボールの3種目です。体育委員会、体育祭実行委員会の生徒たちが中心となり、企画や全体運営をしてくれました。

 今のクラスのメンバーで行う最後の行事となります。特に決勝3種目は、いずれも白熱した激戦で、選手だけでなく、応援にも力が入りました。体育祭では、3年生が圧倒していましたが、球技大会の総合優勝は1年1組でした。

 皆さん お疲れ様でした。

                                   校 長   鴨志田新一

 

 

0

第52回戴帽式

 3月15日(金)午後に看護科3年生の戴帽式が開催されました。戴帽式は、看護の基礎的な学びを終え、その成果を振り返り、看護の道を目指す者としての姿勢や覚悟を、改めて問い直す機会となる儀式です。

 私から一人ひとりにナースキャップを戴き、ナイチンゲールから授けられたろうそくの灯火を手にしました。その後、戴帽生から誓いの言葉がありました。とても神秘的な厳かな空間と時間です。

 私は儀式中は壇上にいたので、儀式中の様子は、「常盤ブロッグ」を見てください。

 4月には専攻科に進級します。今日の誓いを忘れずに、未来を見据えてください。

                                校 長   鴨志田 新一 

                                                                                                     第52回戴帽式校長のことば.pdf

 

0

保護者ボランティアと基礎看護

 3月12日(火)午前の授業では、看護科1年生の「基礎看護」に、1年生の保護者20名がボランティアで、患者役として参加してくれました。生徒は患者さん(保護者)に、正しい体温・脈拍測定と臥床する患者さんのシーツ交換を行いました。看護の授業では、知識や技術の取得も大切ですが、それ以上に、誠実な態度・言葉遣いで患者さんとコミュニケーションがとれること、相手を尊重しつつ、自分自身の考えを述べることが求められています。

 初めて、お会いする患者さんに対して、思いやりや優しさを持って、対応をしていました。

 最後には、保護者お一人お一人から、今日の感想を述べていただき、有意義な実習となりました。

                                    校 長  鴨志田 新一

 

 

0

第18回修了証書授与式

 3月8日(金)10時から常盤高校第18回修了証書授与式を行いました。未明からの雪で心配しましたが、式が始める前には、天気も良くなりました。式の終了後は太陽も顔を出し、修了生の門出を祝ってくれているようでした。

 5年間、常盤高校で学んだ修了生は、社会で看護師として働く者や大学に編入する者など、未来の医療を支えていく看護師・医療人として、様々な方面で活躍してくれるでしょう。

 修了生の在学中、お力添えをいただきました関係各位に対し、厚く御礼を申し上げるとともに、修了生の皆さんのますますのご健勝とご活躍を祈念しております。 

                                 第18回修了証書授与式 校長式辞.pdf

 

      

0

交通安全講習会&放射線講座

 3月6日(水)は未明から雪になり、朝は薄っすらと雪化粧でした。

 看護科1~3年生は、1,2時間目に別館ホールで「交通安全講習会」が開催されました。講師にはJAF埼玉支部の方をお招きしました。JAFというと私たち、自動車を運転する者にとっては、故障の時の正義の味方というイメージですが、交通安全講習会のような社会課題への取組やモータースポーツの振興も行っているということです。

 今回の講習会では交通社会とは何か、交通安全に対して適切な行動をどう取るかなど、生徒が主体的に考え、学ぶ講習会となりました。

 また、看護科3年生は、3,4時間目に「放射線講座」が開催されました。講師には公益財団法人 日本科学技術振興財団の方をお招きしました。放射線は医療とも深い関係があります。講義だけでなく、モデルを使った実習やマジックも取り入れ、楽しく学ぶことができました。

                               校 長   鴨志田新一

 

0