校長室より

校長ブログ

ハロウィーンの手作り装飾

 常盤高校の事務室前には、本校職員による季節ごとの手作り装飾が飾られており、生徒や来校者の方々の目を楽しませてくれています。今の時期は、日本でもすっかりおなじみとなったハロウィーンの装飾です。とてもキレイでかわいいとの評判です。

 校長の私も装飾のお手伝いを…と一瞬思いましたが、美的センスも図画工作の才能もどちらもまったくないので、やっぱりこれからも職員の方にお任せしたいと思います。

0

教育実習生による研究授業

 本日(10/13)、2週間にわたる教育実習の集大成として、3人の教育実習生による研究授業が行われました。実習生が所属する大学の先生や本校教職員が見守る中、3人の実習生は生徒たちのために一生懸命頑張ってくれました。電子黒板を効果的に使ったり要点をわかりやすくまとめた自作プリントを活用したりしながら、授業では生徒の興味関心や主体的活動をうまく引き出して素晴らしい授業を展開していました。

 先日も「校長ブログ」に記載しましたが、実習生の皆さんは、将来の埼玉の看護教育を担ってくれる優秀かつ貴重な人財ですので、これからも自己啓発に励みさらに成長し、将来、常盤高校の教壇に立って大いに活躍してほしいなぁと思います。

  

 

0

10月9日(土)学校説明会を開催しました

 10月9日(土)午後、中学生とその保護者の方々を対象とした今年度初めての学校説明会を行いました。本来であれば、8月初旬に説明会を行う予定でしたが、埼玉県に緊急事態宣言が発令されたため、やむなく開催を見送っておりました(その節は急な開催中止となり申し訳ございません)。今回は、緊急事態宣言は明けましたが会場が密になることを防ぐため、説明会場を複数箇所設け、参加人数を制限させていただきながら4ラウンドで時間を区切って実施いたしました。

 せっかくのお休みである土曜の午後にもかかわらず、入学定員をはるかに超える中学生の皆さんと保護者の方にご参加いただきました。皆様熱心に耳を傾けていただき、また、個別相談にも多数お申込みいただき本当にありがとうございます。常盤高校の様子はいかがでしたでしょうか? 本校教育の良さと魅力をお感じいただけたら、校長として大変嬉しく存じます。

 次回の説明会は12月初旬を予定しております。後日あらためて本校ホームページで参加申込の受付を行いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  

0

看護科・専攻科合同プレゼンテーション

 本日(10/9)は土曜日ですが、特別な登校日です。そうです! 今日は、生徒たちがNAP(Nursing Art Project)で取り組んできた探究学習&研究成果を発表する「合同プレゼンテーション(研究発表会)」の開催日でした。

 看護科1年生から専攻科1年生の生徒たちは、校内の全16会場に分散し(1つの会場に各学年から数名ずつが参集)、それぞれプレゼンに臨みました。生徒たちは、自己の興味関心、実生活で感じていること、看護の学びを通して疑問に思ったことなどをモチベーションに、エビデンスに基づく探究学習と研究活動にじっくり取り組み、その結果をまとめ、大変質の高い発表をしてくれました。プレゼンテーション技術もとても素晴らしかったです! プレゼンが複数会場で同時進行だったため、全員の発表をじっくりと聞けなかったことだけが心残りです。

 生徒の皆さん、大変お疲れさまでした!(「常盤ブログ♬」にはさらに詳細な記事が掲載されています)

【看護科1年生の発表の様子】

  

【看護科2年生の発表の様子】

   

【看護科3年生の発表の様子】

  

【専攻科1年生の発表の様子】

  

【発表終了後の感想・講評等】

  

0

看護科・専攻科合同プレゼンテーション(研究発表会)準備

 明日(10/9)は看護科(1~3年)、専攻科(1年)の合同プレゼンテーション(研究発表会)です。「校長ブログ」の中でも、しばしば紹介してきましたが、常盤生が夏休み前から時間をかけて取り組んできたNAP(Nursing Art Project)の研究成果の発表会になります。その前日となった今日の放課後は、たくさんの生徒が発表準備に勤しんでいます。

 それぞれの生徒やグループが、膨大な文献研究や実証実験をもとに、自ら主体的に学習に取り組みその成果としてどのような「看護の在り方」を提案してくれるのか…私も今からドキドキ&ワクワクしています。常盤生のみんな、ガンバレー!!

  

 

 

0

風紀委員会によるあいさつ運動

 今週は、後期がスタートしたタイミングということで、風紀委員会の生徒による登校時のあいさつ運動を行っています。本日(10/6)も、朝から晴れ渡る澄んだ青空の下、風紀委員の生徒たちが爽やかな声で「おはようございます!」と登校してきた生徒たちに声をかけています。

 看護師の卵である常盤生は、しっかりと笑顔であいさつができて当然ですし、そうあってほしいものですね! 爽やかなあいさつからスタートして…今日も1日、学校生活を頑張っていきましょう!

  

0

常盤生のプレゼンに多くの賞賛の声をいただきました!

 9月25日(土)、「第22回『未来教育プロジェクト全国大会』2021(主催:シンクタンク未来教育ビジョン)」がオンラインで開催され、本校3年生の生徒3名が発表者として参加しました。

 この大会では、学校、医療機関、自治体等の方々を対象として、看護教育に関する様々な先進的取組や実践例などについて紹介され、本校生徒も、常盤高校でのプロジェクト学習について発表しました。本校生のプレゼンに対して多くの参加者から賞賛の声をいただきましたので、以下に、その一部をご紹介いたします。

 

【参加者からいただいた声】

・大切なご家族に向けた具体的な愛のある提案でした。プレゼンもとっても聞きやすかったです。

・論理的思考力、プレゼン力、着眼点等、とても素晴らしくもっとお話を聞きたい!と思いました。大変参考になりました。

・きちんとしたエビデンスをまじえた説明は説得力がありました。人のために活躍されようとしているお姿に、強く可能性を感じることがありました。

・身近な人を健康に導く素敵な発表でした。素敵な看護師さんになると思います。今の気持ちを忘れず、さらにパワーアップしてたくさんの人々を助けてください!

・看護学生の実習指導研修に通う看護師です。3人が看護師になりたいと思った理由を聞いていたら、自然と涙が出てきました。皆さんを愛しく思うことができました。看護師の道を選んでくれて、ありがとう。いつか同じ舞台で、活躍してくれること、期待しています。

                                                                  

0

後期&通常登校がスタート!

 本日(10/1)、常盤高校では、看護科、専攻科とも後期の授業の初日を迎えましたが、同時に、埼玉県に発令されていた緊急事態宣言が昨日解除されたことを受けて、全員そろっての通常登校もスタートしました。特に、看護科の生徒にとっては、やっと全員一緒に授業を受けることができるようになったので感慨もひとしおだと思います。台風16号の接近の影響で朝から本降りの雨となってしまいましたが、ほとんどの生徒が元気に登校してくれて私も嬉しく思っています。

 今日は、早速の通常授業ということで、生徒たちは座学の授業や実習などに一生懸命取り組んでいました。コロナの感染状況は落ち着いてきましたが、引き続き感染拡大防止対策に努めながら、学校生活を充実させていってください。

 また、今日から3名の教育実習生を本校にお迎えしました。未来の埼玉の看護教育を担うまさに「金の卵」となる皆さんです。2週間という限られた期間ですが、実習を通して様々なことを吸収するとともに、生徒たちと素敵な思い出もいっぱいつくってください。

  

  クラス全員そろっての理科の授業    初日から…注射器を使った実習です!    レクチャーを受ける教育実習生

0

前期終業式(看護科)

 本校では、看護科、専攻科とも「前期・後期」の二学期制となっています。今日は、看護科の前期最後の課業日ということで、体育館に生徒全員が集合して前期の終業式を行いました(専攻科は通常授業でした。なお、本校では全生徒が体育館に集まっても密状態にならず、ソーシャルディスタンスを確保できますのでご安心を!)

 校長講話のあと、図書部からの連絡、生徒会・各委員会からの連絡、「ピカピカコンテスト」表彰式、生徒による自転車安全運転伝達講習を行い、その後、各学年に分かれて学年集会を行いました(「常盤ブログ♬」に本日の詳細内容がアップされていますので、そちらもご覧ください)。

 今週末の10月1日(金)から、いよいよ本年度の後期が始まります。コロナの感染状況は落ち着いてきましたが、引き続き感染症防止対策に取り組みながら、本年度後半戦の学校生活も頑張っていきましょう!

 前期終業式「校長講話」の内容は →  こちら

 

  

  

  

 

0

専攻科での研究授業

 先日、この「校長ブログ」で看護科での研究授業の様子をご紹介いたしましたが、今日は、専攻科2年生での研究授業について取り上げたいと思います。

 今回も初任者研修の一環で「知識構成型ジグソー法」による協調学習を実施しました。テーマは、地域精神保健医療についてです。精神に障害を持つ患者が、地域で生活していくためにはどんな支援や準備が必要かを、様々な立場から多面的に考察しながら、生徒たちはグループ学習に取り組みました。

 専攻科の授業は1時限が90分間ですので、グループ活動、考察内容のまとめ、さらには発表や患者とのやり取りを想定したロールプレイング等にたっぷりと時間をかけることができました。さすが専攻科!と言えるようなハイレベル&中身の濃い学習活動が展開できたのではないかと思います。授業担当の先生、本当にお疲れさまでした!

   

0