ブログ

常盤ブログ♬

ドキドキの実技試験

2021.10.28(木)

 

みなさん、こんにちは。

秋の寒さが少し和らいだ本日は、看護科1年生の実技試験の様子をお届けします。

入学して半年、手に汗握る初めての実技試験です。

試験内容は、患者さんが寝ているベッドのシーツを15分以内交換するというものです。

この日のために、放課後自主練習にも積極的に参加し、練習を重ねてきました。

生徒は、「うまくいくかな~」という不安や緊張の中、試験を受けていました。

「練習した成果が発揮できた!!」

「緊張して頭が真っ白になってしまった…」

感想は様々だと思います。

看護の実技は練習すればするだけ上達していきます。

シーツ交換を通して実技だけでなく、看護の専門職としての基礎力を高めていきます。

入学時のあどけない笑顔のイメージでしたが、いつの間にかすっかり「看護学生」の真剣な顔になっていました。

実技試験を通して、またひとつ、成長できた1年生でした。

 

 

 

こころ

2021.10.26(火)

みなさん、こんにちは。朝の雨が上がり、秋らしい日差しが戻ってきました。

さて、今日は2年生現代文の1コマです。今学習している単元は夏目漱石の『こころ』です。物語は終盤に差し掛かったところでした。親友を裏切る“私”は生徒たちの目にどう映ったのでしょうか。少なからず嫌悪や批判の気持ちを感じた人もいたかもしれませんし、気持ちに共感し人もいたかもしれません。どちらの気持ちも大切な感性です。

その感性をさらに育て、人を慮ることのできる人に成長していってほしいと思います。

専攻科2年生

2021.10.25(月)

 

みなさん、こんにちは。

最近気温が急に寒くなり、体調管理がより大事になりますね。

専攻科2年生は本日、校内実習最終日のまとめをしています。

今年もあと2ヶ月と少しで終わり、2月には第111回看護師国家試験が待っています。

専攻科2年生は看護師国家試験に向け体調管理と勉強に真摯に取り組んでいます。

5年間の学びを、試験で発揮できるよう頑張って欲しいです。

                        

歴史に学ぶ

2021.10.22(金)

みなさん、こんにちは。今日は師走並みの寒さです。

さて、今日は2年生世界史の1コマです。社会の授業はいつも笑いがあって、生徒も楽しんでいます。

今日は「ウィーン体制」と「七月革命」について。絶対王政の復古と崩壊を繰り返すフランスの歴史を一つ一つ学んでいきます。歴史を見ると、人は繰り返す生き物なんだなぁと改めて思います。『愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ』。自分の見えていないところ、知らない世界に視野を広げてほしいです。

ラストスパート‼

2021.10.21(木)

 

みなさん、こんにちは。

本日はいよいよ最終クールとなった専攻科の実習の様子をお届けします。

母性実習・精神実習・統合実習は校内で代替実習を行っていますが、

病院での実習に負けず劣らずの演習や話し合いが繰り広げられています。

来週月曜日25日で、最終クールが終了します。

コロナの影響で、実際の患者さんに触れる機会が少なかった専攻科2年生ですが、

校内での実習の知識も国家試験やその後の看護には結びついていきます。

既習の知識をフル活用して、最後まで駆け抜けて欲しいと思います。