校長室より

校長ブログ

第30回埼玉県産業教育フェア

 第30回埼玉県産業教育フェアは、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、Web開催になりました。

 専門高校の学科紹介や学習成果の発表、生徒実行委員会による企画等を紹介します。

 Web開催ならではの企画を準備しておりますので、専門学科で輝く生徒の取組をぜひ御覧ください。

 本校からも1年生の生徒が実行委員として参加をしています。

 また、高校教育指導課による看護科紹介のビデオもアップされる予定です。

 HPは→ こちら

 来年度は全国産業教育フェア埼玉大会も川越会場を中心に開催されます。

0

学校紹介DVD

数年前、プロの方に頼んで、学校説明会や本校に見学においでになった方々に本校を紹介するための「学校紹介DVD」を作成しました。

ここのところで内容が少し古くなってきたので、部分的に修正を加える形で新しい常盤高校の紹介DVDを作り直すことにしました。マイナーチェンジです。

11月5日の看護研究発表会と、2年生の実習風景を撮影しました。生徒のインタビューも改めて撮りました。

いろいろと手配をしていただいた事務長さんと教務部の先生方、ありがとうございます。出来上がりが楽しみです!

 

0

看護研究発表会(看護専攻科)

11月5日(木)専攻科2年生にとって大きなイベントである「看護研究発表会」が行われました。 

4会場に分かれてそれぞれの研究成果を発表し合いました。

  看護師国家試験まであと100日ほどだそうです。。。 

  専攻科2年生には、大きなヤマを乗り越えていってほしいです。

 

 

 

 

 

 講 評(要旨)

 会場が4つに分かれていたので、全員の発表を聴くことができませんでしたが、『看護研究集録』の報告は、全て読ませてもらいました。今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、専攻科2年生としての大切な時期に臨地実習も実際病院に行けた日数も少なかったので、課題研究も思うように進まず不安な日々を過ごした人もいるのではないでしょうか。そのような中でも、どの研究も、実習先で出会った事例の中からテーマを絞り、自分で方法を考え、取り組んだ中で、成果や課題をしっかりと考察しようとするものになっていました。それは、みなさんがこれまでの看護の学びの中から「問い」をみつけ、その「問い」に対して根拠に基づいて科学的に思考・判断するという力を身につけることができたからだと思います。 私は皆さんの実習に立ち会ったことはないのですが、今日の発表を聞いていて、実習先で真摯に患者さんに向き合う皆さんの様子が目に浮かびました。

 また、発表だけでなく、座長の仕切りや質問のしかた、その答え方、講評なども自分たちでしっかりとできていました。このように自分たちの力で研究発表会を準備し、進行していくこともとてもいい経験になったと思います。 

 これから進学や就職をしても、看護研究を行うことになるでしょう。研究の目的は様々ですが、究極の目標は患者さんによりよい看護を提供することでしょう。みなさんの研究も「患者さんのためにどうしたらいいか?」ということからスタートしています。事例研究でも実験研究でも「問い」に対して仮説を立て、先行研究に学びながら研究を進め、根拠を明らかにしながら考察し、結論を導いています。先行研究の検討が不十分だったり、検証が足りなかったりすることもあるでしょうが、科学研究の基本を踏まえた研究ができました。

 この看護研究は、本校における5年間の学びの集大成であるとともに、これから学び続けるためのベースとなります。同じテーマを追究してもいいし、新しいテーマを見つけてもいいですが、常に「問い」を持ち続け、その「問い」を解決するために学び続けてください。今日の発表会は校内だけのものですが、さらに研究を続けて、学会発表などにも挑戦できれば素晴らしいと思います。 

 最後に、患者さんや病院のスタッフをはじめ、ご指導、ご協力してくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、ここまでやってこられたことを自信と誇りにして、常盤高校での残された生活を有意義に過ごしてください。

 

 

 

 

 

0

3年生 合唱発表会

11月2日(月)10:10~

音楽の時間に練習をした合唱の発表会があり、聴きに行ってきました。

今までの学年よりも練習時間も取れず、ソーシャルディスタンスとマスクをしたままでの合唱、

と制約の多い中でしたが、心が一つになり、感動的な歌声でした。

                             共通曲 「ひとつ」

 自由曲 1組 「奏」(スキマスイッチ)

 自由曲 2組「三日月」(絢香)

 

 

0

高校生の遠足

10月23日(木)この日はあさから雨の予報でしたが、高校1~3年は遠足でした。

1年生は長瀞

2,3年生は相模湖プレジャーフォレスト 

感染症予防対策がしっかりとれている行き先を選びました。また、密を避けるために、バスを1クラス2台使いました。

高校生の遠足もGOTOトラベルが適応になったのでよかったです。

雨で予定通りの行程をこなすことはできませんでしたが、仲間との思い出はできたのではないでしょうか。

↓ お見送りにいった新都心のバスターミナル 

 

0

これは面白い企画!~シークレット本貸出~ 図書委員会

先日教室にお邪魔した時に、図書委員の張り紙を見つけました。

シークレット本貸出、だそうです。10月は、ホラー&ミステリー 

どうしても自分の好みのジャンルや作家に偏りがちな読書、幅広く読むいいチャンスですね。

図書委員会のみなさん、とても面白い企画です!私も借りてみたくなりました。怖いのはちょっと苦手ですが・・・

0

常盤高校生の活躍6(令和2年度体験入学)

今年度、感染症予防対策として、1回の参加人数を減らすとともに、中学生のみの参加とさせていただきました。

当初予定していたのは40名×2回、申し込みのサイトをオープンしたとたんあっという間に埋まってしまい、うれしい悲鳴です。急遽もう1回実施を計画しましたが、それでもどの会も満員御礼。

参加申し込みができなかった中学生の皆さんごめんなさい。連絡いただければ、個別に対応いたします。

12月にも学校説明会がありますので、よろしくお願いします。

中学生をお迎えして、説明や実際に技術を披露している本校の生徒は、普段よりちょっと大人に見えました。

 

0

令和2年度プロジェクト学習発表会(合同プレゼンテーション)

SPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)の時から継続して実施しているプロジェクト学習ですが

今年度はコロナ禍のため、高校1年生、2年生は「新型コロナウイルス感染症のリスクを減らす新しい生活様式を提案します」というテーマで個人研究になりました。

専攻科1年生は「疾患を抱えながら働き続けるために障壁になることを明らかにします」というテーマでグループ研究を進め、それぞれの成果を合同プレゼンテーションという形で発表し合いました。

今年は、地域・保護者の皆様に公開できず残念でしたが、学年の枠を超えた発表会、生徒同士は高め合うことができました。

 

0

映画と小説「私の中のあなた」~常盤ブログ♬から

10月7日の常盤ブログ♬に専攻科2年生の実習で見た「私の中のあなた」の映画の話がありました。

私も前に見たことがあり、胸が痛くなりました。

この映画はジョディ・ピコーの小説および、それを原作とした映画ですが、ラストは映画と小説では違っています。

映画もかなり考えさせられる内容でしたが、小説ではさらに衝撃的な結末が待っています。

これ以上書くとネタバレになるのでやめます。興味を持った人はぜひ小説も読んでみてください。

 

 

 

0

後期開始

昨日の終業式から一夜明けて、今日から後期が始まりました。

昨日の講話のとおり、朝、バスを降りたところで、女子生徒に「おはよう」と声をかけてみました。

「おはようございます」と明るい挨拶が返ってきました。ちょっと心がうきうきしてその後は何人にも

「おはよう!!!!」と声を掛けました。みんなちゃんと「おはようございます」と返してくれました。

挨拶は毎日の積み重ねです。そして朝の挨拶でその日一日がいい日になります。

職員朝会でも、先生方と「後期もよろしくお願いします」とあいさつを交わしました。

ブログを御覧の皆様、後期もどうぞよろしくお願いします。

0