校長室より

「自分を好きになろう」~全校集会校長の話~

全校集会での話をアップします。テーマは「自分を好きになろう」です。

看護職をめざすみなさんが、このコロナ禍でも自分を大切に、周りの人も大切にしてほしいという願いを込めて話をしました。長文なので読み飛ばしてください。

 

                     全校集会講話

 9月の全校集会には高校生に、11月の看護研究発表会の時は専攻科生に話をしましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、今まで通りの学校生活が送れず、本当に大変だったと思います。臨地実習も内容を変更して、病院や施設での実習と校内での実習を合わせて行いました。先生方は皆さんの安全を考えた上で、どうしたら目標を達成できるか、何回も話し合いをしていました。その思いにこたえて皆さんも制限のある中で精いっぱいのことを学べたのではないかなと思います。専攻科2年生の皆さんは、これから国家試験という大きな試練がまっていますが、ぜひ合格して、今とても大いる医療の世界を助けてほしいと思います。 

 目の前にいる専攻科2年生に聞いてみましょう。看護師についてかいてある法律はなんですか? 「保健師助産師看護師法」ですね。この法律において「看護師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者若しくはじよく婦に対する療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者をいう。とあります。  

 では「今日のテーマは自分を好きになろう」です。唐突すぎますか?ちゃんと話がつながるので聞いていてください。

 思春期になると誰もが自分って何だろうとかこんな自分が嫌になるときがあると思います。 頑張ったつもりでも全然認めてもらえない。友達とうまくコミュニケーションが取れない、自分がやりたいと思ったことをやろうとしたら、周りの大人に「それはダメ!」「こうしたほうがいい」と言われてしまう。そういわれることに「うるさいな~わかっているよ」とか「本当にそうなの?」という思いを抱くこともあるかもしれません。時には反論したいけれど反論しにくい、自分の思いを飲み込んでしまうという状況が何回もあると、なんだか自分を出すことが怖くなってしまったり、そんな自分が嫌になったり・・・

 私が養護教諭、をしていたころには、そのような悩みを抱えている生徒がいっぱいいました。もちろん私自身にも経験があります。 

 私は養護教諭という職を選びましたが、皆さんは看護という職を選びました。先ほどの法律には難しいことが書いてありますが、私は、看護職は医療現場の中で一番患者さんに近い存在であり、寄り添える立場だと思っています。

 今の医療現場を見ていても、ストレスの多い仕事だということはよくわかります。他人に寄り添うということは言葉では簡単ですが、とても難しいことです。寄りかかりすぎてもいけないし、突き放しすぎてもいけないですよね。人を大切に思えばこそできるお仕事です。

 ほかの人を大切に思う仕事につくということは、まず自分を大切にしてほしいし、自分を好きになってほしい。

 では皆さんは自分を好きですか? 自分を好きになることって大切だとわかっていてもなかなか難しいですよね。 

 今から私が生徒のカウンセリングをしていた経験からやるといいこと、いっぱいあるのですが、すぐにできそうなもの4つ話します。聞いたら、なーんだと思うことばかりかもしれません。  

 <プチ達成感を得る>

 自分を好きになるときに鍵になるってくるのは「自分で自分を認めること」です。自分を認め自分に優しくして愛してあげることです。まずは自分をほめること。頑張った自分をほめる。大切なことです。ちょっとしたことでもいいので夜寝る前とか、今日はこんなことがんばったな~と自分をほめてみてください。

 <自分の嫌なところを認めてみる>

 自分をほめるのとは真逆な気がしますが、自分を認めるということはとても大切なことです。嫌な部分は自分が一番よく知っていますよね。それも自分、嫌な部分はなかなか受け入れられないものなのです。性格だから変えられない、そんなことはないです。実際変わっていく姿を見たことはたくさんあります。嫌な部分、できないことは目標にすればいい。変えたいなあ、できるようになりたいなあと思っているだけでもいいのです。心が勝手に変わり始めます。

  <感謝をする>

 西武バスで、降りるとき「ありがとうございました」と言って降りる生徒をよく見かけます。とても素晴らしい。なぜ感謝をすることはいいのかというと、感謝をすると気分がよくなるからです。ありがとうと言われることで相手を認めることにもなります。ありがとうと言える自分は素敵です。 

 <なりたい自分をイメージしよう>

 ちょっと想像してみてください。皆さんの周りで「あの人素敵だな~」って思う人いますか?その人はどんな人でしょう?何がそんなに魅力的なんでしょう?私もあんな人になりたい!と思う人がいたら、魅力的だと思う要素を少し取り入れてみるといいです。そしてちょっと先のなりたい自分を想像してみてください。もし目の前に困ったことが起きたり迷うことが起きたら、そのイメージした自分にどうしたらいい?と相談するといいです。 

 自分を大切にすると心の余裕がうまれます。余裕がある分人にやさしくしたり大切にする気持ちの余裕が生まれるのです。そして、自分を好きになってあげると、もれなく魅力的な人になれるというおまけもついてきます。ただし、自分を好きになる、大切にするということと、自分の思い通りにする、わがままを通す、ということは全然違うことは、常盤の生徒ならよくわかると思います。  

  これから2020年自分ががんばったことを書いてみてください。なんでもいいです。いくつでもいいです。

 ではそのことを自分でほめましょう。自分に拍手!

 来年も、自分を大切に、周りの人を大切に、そして今わたしの目の前にいる、専2の皆さんは無事、国家試験に受かって患者さんを大切に! 

 来年も 皆さんにとって、常盤高校にとって良い年になりますように。以上です。