校長室より

細菌培養に関する日本薬科大学とのコラボ学習

 夏休みも残すところあと1週間となりました。

 今日(8/23)は、本校のプロジェクト学習であるNAP(Nursing Art Project)に取り組んでいる2・3年生の希望者(班単位)を対象に、伊奈町にある日本薬科大学からお招きしたお2人の先生のご指導のもと、人間の皮膚や粘膜に付着している細菌に関する培養検査のためのサンプル採取を実施しました。医学や看護学を勉強する上で、臨床病理検査や細菌培養検査などから見えてくる結果をもとに学習を深めていくことは、非常に大切なことであると考えます。

 生徒たちは、それぞれ採取個所を検討・決定し、培養結果に関する仮説を立て、学習計画を作成しました。数日後、検査結果の検証のため、生徒たちは実際に日本薬科大学に足を運び、さらに学習を深めることになります。コロナ禍ですので、感染防止対策に最大限留意しながら、研究に取り組んでほしいと思います!