校長室より

分散登校&オンライン学習を併用した授業

 すでにご案内のとおり、緊急事態宣言の期間延長を受けて、本校でも、分散登校とオンライン学習(同時双方向による授業のLive配信)を併用した授業を夏休み明けから開始しています。半数の生徒は登校して学校で授業を受け、残り半数の生徒は学校から配信される授業をスマホやPC等の端末を用いて自宅で受講します。登校する生徒と自宅学習する生徒は日ごとにローテーションで替わります。通信状態も概ね良好ですので、オンライン学習はスムーズに進行しているようです。

 授業を担当する先生方は、プロジェクタで黒板に投影した視覚教材を教室のWebカメラから自宅学習の生徒に配信したり、登校生徒と自宅学習の生徒をバランスよく指名したりして工夫しながら授業を進めています。「オンラインのみんなー!ちゃんと黒板見えてるー?」という先生の問いかけに、Webカメラ越しに「まる」のポーズを作ったり「見えてまーす!」とマイクを通して答えたりする生徒もいて、教室の生徒たちも思わずクスクス笑っています。

 なかなか新鮮味のあるオンライン授業ですけど…でも、やっぱり一番いいのはクラスみんながそろっての授業ですよね。コロナの感染状況が早く落ち着くことを願うばかりです。

  

     プロジェクタ画面を自宅生徒に配信               オンライン参加する自宅生徒を確認         パソコン越しに自宅生徒に指示・発問