校長室より

専攻科1年生によるヘルスプロモーションの研究

 専攻科1年生では、10月9日(土)の研究発表会に向けて、看護におけるヘルスプロモーションの在り方に関する研究にグループで取り組んでいます。ヘルスプロモーションとは「人々が自らの健康をコントロールし改善できるようにするプロセス(by 世界保健機関(WHO))」と定義されており、看護を学ぶ上でとても重要な概念となっています。生徒たちは、患者の病状、年齢、性別、職業、生活様式等を想定しながら、当該患者の治療や健康増進、さらにはQOL(Quality of life)の向上という視点でヘルスプロモーションの在り方を考察していきます。

 この日の授業では、研究内容を模造紙にまとめながらプレゼン用の資料を作成しました。発表会当日は全員で協力・分担しながらポスター発表に臨みます。これまでの常盤高校での学びやグループ研究の成果が十分に発揮できるよう、私も大いに期待しています!

  

             模造紙に細かくまとめられたプレゼン用資料