校長室より

前期中間考査&さいたま桜高等学園生徒さんによる除草作業

 本日(5/25)、看護科1・2年生は前期中間考査の初日を迎えました。「常盤ブログ♬」でも紹介しておりますが、生徒たちは中間考査に向けて、それぞれがしっかりと勉強に励んでくれたようです。放課後、教室や多目的室などで教科書やプリントを開き、お互いに勉強を教え合っている生徒たちの姿もよく見られました。先ほども、考査に臨む生徒たちを廊下から見ましたが、その視線や表情から…真剣に考査に取り組んでいる「場の空気」がこちらにもジンジン伝わってきました。「努力はうそをつかない」とよく言われます。これまでの頑張りが考査の結果に表れてくれると私も期待しています!

 さて、話題は変わって…本日は、本校のお隣に立地しているさいたま桜高等学園の生徒さんたちが、本校敷地内にある花壇の除草を行ってくれました。冬草用の苗から春夏用の草花の苗に植え替えをするとのことです。暑い中ではありましたが、笑顔で大きな声であいさつをしてくれて、そして、一生懸命作業に取り組んでくれました。本当に素晴らしい生徒さんたちです。きれいな草花が本校花壇を彩ってくれるのが今から楽しみです。