校長室より

看護研究発表会(看護専攻科)

11月5日(木)専攻科2年生にとって大きなイベントである「看護研究発表会」が行われました。 

4会場に分かれてそれぞれの研究成果を発表し合いました。

  看護師国家試験まであと100日ほどだそうです。。。 

  専攻科2年生には、大きなヤマを乗り越えていってほしいです。

 

 

 

 

 

 講 評(要旨)

 会場が4つに分かれていたので、全員の発表を聴くことができませんでしたが、『看護研究集録』の報告は、全て読ませてもらいました。今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、専攻科2年生としての大切な時期に臨地実習も実際病院に行けた日数も少なかったので、課題研究も思うように進まず不安な日々を過ごした人もいるのではないでしょうか。そのような中でも、どの研究も、実習先で出会った事例の中からテーマを絞り、自分で方法を考え、取り組んだ中で、成果や課題をしっかりと考察しようとするものになっていました。それは、みなさんがこれまでの看護の学びの中から「問い」をみつけ、その「問い」に対して根拠に基づいて科学的に思考・判断するという力を身につけることができたからだと思います。 私は皆さんの実習に立ち会ったことはないのですが、今日の発表を聞いていて、実習先で真摯に患者さんに向き合う皆さんの様子が目に浮かびました。

 また、発表だけでなく、座長の仕切りや質問のしかた、その答え方、講評なども自分たちでしっかりとできていました。このように自分たちの力で研究発表会を準備し、進行していくこともとてもいい経験になったと思います。 

 これから進学や就職をしても、看護研究を行うことになるでしょう。研究の目的は様々ですが、究極の目標は患者さんによりよい看護を提供することでしょう。みなさんの研究も「患者さんのためにどうしたらいいか?」ということからスタートしています。事例研究でも実験研究でも「問い」に対して仮説を立て、先行研究に学びながら研究を進め、根拠を明らかにしながら考察し、結論を導いています。先行研究の検討が不十分だったり、検証が足りなかったりすることもあるでしょうが、科学研究の基本を踏まえた研究ができました。

 この看護研究は、本校における5年間の学びの集大成であるとともに、これから学び続けるためのベースとなります。同じテーマを追究してもいいし、新しいテーマを見つけてもいいですが、常に「問い」を持ち続け、その「問い」を解決するために学び続けてください。今日の発表会は校内だけのものですが、さらに研究を続けて、学会発表などにも挑戦できれば素晴らしいと思います。 

 最後に、患者さんや病院のスタッフをはじめ、ご指導、ご協力してくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、ここまでやってこられたことを自信と誇りにして、常盤高校での残された生活を有意義に過ごしてください。