校長室より

薬物乱用防止教室

 夏休みがいよいよ目前に迫った今日(7/19)、看護科1~3年生の生徒を対象に、NPO法人埼玉ダルクから講師の方をお招きして「薬物乱用防止教室」を実施しました。市販薬、お酒・たばこ、さらには、麻薬や覚せい剤など様々な薬物の害について理解を深め、また、私たちがどのように行動すべきかについて深く考えるきっかけとなる有意義な講座でした。

 看護師を目指す常盤生の皆さんは、一般の高校生以上に、薬物乱用防止に対する高い意識が必要であると私は考えています。今日学んだことを自身の今後のためのみならず、皆さんの「周りの人たちのためにも」という想いを持ちながら、薬物乱用根絶に向けて行動していってほしいと願っています。