校長室より

校内実習で奮闘する常盤生

 オミクロン株を含む新型コロナウイルス感染症の急激な拡大により、当初は病院や老人ホームなどで予定していた看護科2年生と専攻科1年生の臨地実習の実施が困難となりました。そこで急遽、先生方に対応策を検討していただき、看護実習を校内で行うことといたしました。

 実習中の生徒たちに声をかけると「本当は病院に行きたかったんですよね…」と胸の内を話してくれましたが、現在の感染状況を踏まえると致し方ありません。本当に生徒たちには申し訳ないと思います。それでも、生徒たちは、気持ちを前向きに一生懸命実習に取り組んでいます。本ブログをご覧の皆様も、生徒たちにあたたかいエールを送ってください!

【看護科2年生の実習の様子】

  

【専攻科1年生の実習の様子】

  

 

 実習の休憩時間に、生徒の1人が「校長先生の顔ー!」とサラサラと私のイラストを描いてくれました。可愛く描いてくれてありがとう!