校長室より

前期中間考査1週間前…

 本校では2学期制を採っていますが、本日(5/18)、看護科ではいよいよ前期中間考査の1週間前となりました。1年生にとっては、高校入学後初めての定期考査になりますね。先ほども授業での生徒たちの様子を見てきましたが、誰もが集中して先生の話を聞いたりノートをしっかり取っていたりと試験前の緊張感がこちらにも伝わってくる印象でした。

 さて、来週の定期考査に臨むのは看護科の1・2年生のみになります。先週もお伝えしたとおり、看護科3年生は、現在、校内&臨地実習に取り組んでいます。実習では、机上の学習だけではなかなか身に付けることが難しい看護師としての判断力・対応力・実践力を磨いています。生徒たちは、校内実習においても、いつも以上に身だしなみや頭髪を整え(長い髪はおだんごにして1つにまとめます)、真剣なまなざしで実習に臨んでいます。専攻科2年生も引き続き実習に励んでおり、病院や在宅での実践経験を着実に積み上げています。

 このように、学年ごとにメニューは違いますが、常盤生は「今やるべきこと」にそれぞれが全力投球で頑張っています。私たち教職員も、生徒たちの頑張りを応援すべく、感染症拡大防止に努めながら教育活動に邁進してまいります。