ブログ

「できる」ことを「している」ことへ

2021.10.13(水)

みなさん、こんにちは。冷たい雨が降り気温が一気に下がりましたが、校内は生徒たちの熱気にあふれています。さて、今日は教育実習生の研究授業が行われました。

1年生は解剖生理の「泌尿器」の続き、2年生は基礎看護の「褥瘡(床ずれ)」です。

そして、今日は3年生に配置された教育実習生の授業を紹介します。授業は成人看護の「リハビリテーションの看護」でした。どのような人がリハビリを必要とするか、看護師として何が大切かを学びました。印象的だったのは、「『できるADL』を『しているADLにすること、患者さんの『できる』を見つけて『している』にしていくこと」という教えです。どういうことかというと、たとえば「歩ける」患者でも「歩く」ことを継続していなければ、歩くことが難しくなります。患者さんの力を最大限発揮し、それが継続できるようサポートしていくことの大切さが伝わってきました。

3名の教育実習生、ありがとうございました。

※ADL:日常生活動作のこと。起き上がる、歩く、食べるなど生活に必要な動作すべてのこと