ブログ

季節の変わり目

2021.9.16(木)

 

 雲が多いながらも、日差しは強く、教室から仰ぎ見る空は、目を細めるほどです。

 夏と秋の混在する季節の変わり目です。

 朝顔と彼岸花……セミとこおろぎ。

 

 連日の暑さを超えてきた疲れとともに、心地よい風が吹く食欲の秋に向かう喜びをかみしめつつ…。

 そんな二つの季節を行き来している本日、4階の実習室では、グループ学習(協調学習)が行われています。昨日に続く高校2年生の「注射針の安全な取り扱い」です。

 

 「集中力が切れたときに針刺し事故が、起こりやすいです。」

 「不安定な場所に針ボックスを置くと危ない…。」

 「針刺し事故を起こさないためには、報告・連絡・相談が大切です。」

 

  オンラインで自宅学習に取り組んでいる友とつなぎ、考えを伝えあっていると、次々気づきが上がってきます。

  1グループは、5~6人。

  粗削りではありますが、医療安全の精髄をなす気づきが見られ、看護を学び始め1年半の積み重ねを感じます。

  この秋、そして冬を超えると高校3年生。

  高校2年生から3年生への変わり目に手が届こうとしています。

  落ち着かない生活ですが、行きつ戻りつしながら、日々を紡いでいきます。

  

  もうすぐ十五夜。

  生徒の気づきは、十五夜のように美しい輝きを放ちます。

  その気づきを見過ごさないよう、生徒の思考過程を注意深く辿ります。

  どんな気づきを届けてくれるのでしょう……。

  美しい月と、生徒の成長を重ねながら…生徒の声を聴き続けます…。

オンラインで考えを伝えあいます。