ブログ

高校1年生 清拭の演習 「お湯との格闘の巻」 

2021.10.12(火)

 

 本日5限目。

 4階の第2実習室では、高校1年生の清拭の演習が、行われていました。

 先週の足浴に続くお湯を使った演習です。

 

「55度だとだめ。」

「あったかくないーってなる。」

「じゃ次、60度にしてみる。」

「60度だと手を入れられない。」

 「ん~。」

 

 今朝は、気温が下がりました。

 日中も、気温の上がり方が、ゆるく、お湯がすぐに冷めてしまうようです。

 グループで、改善策が挙がっては、消えていきます。

 解決策が見つからず、困っているようにも見えますが…、どこか楽しそうです。

 

 ワゴンにたくさんの必要物品を用意することも1年生にとっては、一仕事です。

 ましてや、患者さんが心地よいと感じる温度の湯を準備するとなると……。

 

 季節が、進みました。

 気温の下降とともにお湯が冷めてしまいますが、生徒たちの演習に取り組む気持ちは、冷めません。

 この先も、様々な演習が予定されています。

 そのたびに、友と対話を重ねていくでしょう。

 この先もどんな解決策が飛び出してくることでしょう。

 楽しみに、楽しみに生徒のそばで待つこととします。