ブログ

金木犀の香りと生徒の成長

2021.9.15(水)

 太陽の光が、少しづつ差し込み始めました。

 2階の教室の窓を開けると、心が和ぐ柔らかな香りが秋風とともに入ってきます。

 思わず、深呼吸…です。

 その落ち着く香りの主は…昨日にもお届けした、テニスコートに向かう道の横に立っている金木犀の花です。

 

 9月も中旬。

 さわやかな香りを連れて金木犀の花が、秋の訪れを告げに来てくれました。

 優しいオレンジ色の小さな房が、濃い緑の葉の間から顔をのぞかせています。

 

 4階の実習室にもかすかにその香りが届いてきているようです。

 幸せなその香りに包まれて、昨日、高校2年生の「注射」の授業が行われました。

 この単元は、「針刺し事故の防止」についても考えます。

 

 「リスクと影響は、どう違うのかな…。」

 「針刺し事故が起こるのは、仕事が忙しい時だよなぁ。」

 

 個々に安全な注射針の取り扱い方を考えてみた後に、グループ学習(協調学習)を通して友達の考えと照らし合わせていきます。他者に意見を伝えつつ、耳を傾ける過程で相手の考えに触れ、生徒は着地点を探して思考を繰り返していきます。

 

 金木犀の花が香るのは1週間弱。

 わずかな期間です。

 儚い小さな花ですが、たくさんの房があるから遠くまであの優しい香りが届きます。

 

 協調学習を通し、友と幾度も意見を交わし、迷い立ち止まりながら、それぞれのグループの優しい香りを造り上げ、いつの日か患者さんに届けてほしいと願います。

 金木犀が、その存在を意識させてくれる期間は短いのですが、常盤生は、友の考えたことを想像しながら、この先も香り続けます。

 どんな香りを届けてくれるのでしょうか…生徒たちの成長を静かに待つことにします。

金木犀の花協調学習で使う資料です。協調学習 個々に思案中個々の考えをシートに表現していきます。