ブログ

優しい一言

2021.1.13(木)

 

みなさん、こんにちは。

短い冬休みと三連休が明け、ようやく学校生活に体と頭が慣れてきました。

本日は看護科2年生の基礎看護「実習前演習」の様子をお届けします。

12月のブログでもご紹介させていただきましたが、

看護科2年生は3年生の5月に行く基礎看護学実習Ⅲに向けての準備中です。

冬休みと三連休を利用し、一連の流れの手順書の作成をしました。

その手順書を基に、全身清拭(体を拭くこと)・寝衣交換(着替え)・陰部洗浄・おむつ交換を一連の流れとして45分で患者さんに行っていくために、どのようにしたら患者さんの安全・安楽を保ちながらスムーズに行えるかを、グループワークにて話し合いをした後に共有し、時間短縮を目指し、苦手なケアの部分練習をしました。

お湯の準備を練習したり、寝衣交換を練習したり、モデル人形を利用していい方法を検討したりと、苦手な部分を教え合い、色々と試行錯誤し、学びを深める良い時間になりました。

「患者さんの45分と看護師の45分の時間の流れは違うと思います。

 患者さんに寄り添った45分にしたいと思います。」

生徒の感想の一部です、こんな気持ちを持った常盤生。

寒さも吹き飛ぶくらい心温まりました。

次は手順書を見直してグループで一連の流れの完成に立ち向かっていきます。