ブログ

冷たい雨と自転車とカッパ

2021.11.9(火)

 

 雨が、音を立てて降っています。

 外気温は、15度。

 身を縮めたくなるような冷たい雨です。

 

 こんな雨の中、自転車で登校してくる生徒達がいます。

 今朝は、ハンドルを握る手にあたる雨が、冷たかったのではないでしょうか。

 自転車置き場には、色とりどりのカッパがきれいに並びます。

 交通量の多い道や坂道を通ってくる生徒達。

 重いリュックを自転車のかごに積み込み、南与野、与野本町、自宅などから、通ってきます。

 日常生活の中には、様々な出来事があります。心細いことも口には出せないことも、いろいろと抱えて、それでも愚直に日々、取り組んでいます。

 ここのところの気温差に体が驚き、疲れも見られます。

 それでも、一生懸命に通ってきます。

 

 校舎回りには、紅葉したドウダンツツジやハナミズキ。

 その周りには、色づき始めたイチョウや色鮮やかなツバキ。

 生徒たちの毎日には、色とりどりの出来事があります。

 それは、時に生徒の生活に彩を添えたり、次への一歩を踏み出す勇気となったり…、時には言葉にできないほどの複雑な感情が押し寄せたり…。

 

 そうした中、この冷たい雨が、さらなる紅葉を導き、木々の成長を促すように生徒達もカッパに包まれながら、それぞれの色を創り上げていってくれることと思います。その姿をそばで見守っていけたら…幸いです。

     色鮮やかなツバキの花色とりどりのかっぱ色づき始めたイチョウ             紅葉の始まったドウダンツツジハナミズキと校舎