ブログ

2021年11月の記事一覧

在宅看護技術

 

2021.11.29(月)

 

みなさん、こんにちは。

11月もあと2日となり日々、気温が低下し寒くなりましたね。

今日は専攻科1年生が在宅看護技術の授業で実際に患者さんに対して、身近にあるもので

つくれる、洗髪のケリーパッドや足浴時に使用する袋をタオルや新聞紙、ビニール袋を活用し作成、

していました。いざというときは、身近な物で作ることが出来ると心強いですね。

 

     

1年生病院見学実習

2021.11.26(金)

みなさん、こんにちは。

今日は看護科1年生の見学実習でした。例年、さいたま市民医療センターで見学実習をさせていただくのですが、感染拡大防止の観点から、今年はリモートによる講義を受けさせていただきました。病院概要をはじめ、看護部組織・看護師の役割、病院食について、院内感染対策など… 第一線で活躍している方々からのお話を聞くことができました。

まだ病院に足を踏み入れたことのない生徒たちにとって、新鮮で学びの多い時間になりました。

最後に相馬副看護部長からいただいた、「世の中をよく見てね。」という言葉がとても印象的でした。生徒たちはこれから多くの患者さんに出会い、学ばせていただきます。患者さん一人ひとりおかれている状況は異なります。そのために、まずは世間を知ること、見聞を広めておく必要がある・・・ということが生徒の胸に残ったらとても嬉しいです。

相馬副看護部長はじめ、さいたま市民医療センターの皆さま、ご多用の中、貴重な機会をありがとうございました。

コミュニケーションって難しい!

2021.11.25(木)

みなさん、こんにちは。

今日は、看護科1年生基礎看護の様子をお伝えします。今日の授業は『コミュニケーション』でした。コミュニケーションは、普段の生活と切り離せないほど関わっているのに、意外なほど難しく深いものです。

相手に何か伝えたり、受けたりするときには、言語的な表現よりも非言語的な表現のほうが重要だったりします。頷く、相槌を打つ、声のトーンを変える、たくさん方法があります。実演では、患者さんの悩みを聴く看護学生や、アサーティブに伝える学生を演じ、そこからさらに気づきや学びを得ました。

医療従事者にとって非言語的メッセージがとても大事。ということをわかってくれたら嬉しいです。

目線とか、身振り、身だしなみ…それって「言葉」よりも「言葉」!!

 

高校3年生 成長のこの時 臨地実習

2021.11.24(水)

 

 通り過ぎていく風が、日々冷たくなってきました。

 日向に体が吸い寄せられていきます。

 

 朝から、高校3年生が忙しそうに実習室と準備室を行き来しています。

 3週目に入った臨地実習の校内編。

 準備室や廊下や一部の実習室は、鳥肌が立つほどの冷え込みです。

 先週まで受け持たせていただいていた患者さんの状態を予測し、看護計画を立て、実施しています。

 

 ケアを終えた生徒が、先週までの取り組みの振り返りを行っていました。

 「シーツ交換に時間がかかった。そう、特に包布。1年生の時、演習で行って以来だから…。」

 「遠い昔に交換したような…。絶対練習しておいたほうがいい。」

 

 「11時から報告の時間になります。」担当教員の声が、かかりました。

 報告内容をメモ帳にまとめ始めました。

 

 「自立度の高い患者さんを多く受け持たせていただいていたので、退院後を見据えて生徒は、今日もいろいろ考えて     きているようです。」と担当教員。

 

 朝の7時30分過ぎには登校し、臨地実習と同じスケジュールで行動します。

 疲れ切った体にこの冷たい風は、堪えることと思います。

 心なしか笑顔に力がありません。

 

 学校での演習をはるかに超える体験を積んできたのだろうと想像してみます。

 この臨地実習を超えると、生徒は心身ともに大きく成長します。

 思い通りにならない現実に幾たびも出会い、戸惑い佇み、様々なものと向き合っていきます。

 実習病院、ご家庭…生徒を取り巻くたくさんの方々に支えられながら…。

 あと数日で臨地実習は、終わります。

 生徒を成長させてくれるこの機会に感謝の気持ちを込め…、終了した折には声をかけたいと思います。

「 おかえりなさい。」…と。

患者さんに説明するためのパンフレット洗髪をさせていただきました。患者さんに声をかけながら、シーツ交換をします。

 

1年生、消化器マイスターになる。

2021.11.22(月)

みなさん、こんにちは。今日は雨とともに寒気が流れ込んで寒い一日となりましたね。

さて、今日は看護科1年生解剖生理の様子です。先週まで『消化器』のグループワークに取り組んでいました。「胃がなくなったらどうなるの?」「下痢や便秘はどうやって起こるの?」などの問いをテーマに、自分たちで調べ、ノートを作り、これを共有し合い、最終的には80名全員が消化器マイスターになるというもの。

いつもは「この臓器はこういう構造で、こういう機能を持っています」という角度で身につける知識を、問いをもって答えにたどり着いていく方法は新鮮で、答えを導くことの楽しさや難しさを実感できたのではないでしょうか。

「生涯学び続ける」ために、今日もまた少し力が付きましたね!