ブログ

2022年1月の記事一覧

平安男子に厳しい令和女子

2022.1.14(金)

みなさん、こんにちは。学校は、廊下の寒さが身にしみる今日この頃です。

本日は、授業探訪‼国語の授業の様子をお伝えします。

1年生の国語総合の授業で、『伊勢物語』の「筒井筒」という話を読みました。

主人公が幼なじみの女の子に、和歌で「ぼくはもう背が伸びて大人になったよ。君に会えないでいるうちに。」と伝えます。とても素朴な歌ですが、実は、「大人になったから君と結婚したい。」という心情を匂わせているプロポーズの歌です。

授業でそのことを説明すると、女子から悲鳴のような声あがり、「いいなあ。」「こわっ。」と声があがったり、「そんなんじゃ伝わらないよ。」と冷静に突っ込む声が聞こえたり…。中にはここには書けないような声も…。令和女子は平安男子に厳しいです。  

↓生徒がとても美しい字で文を再現してくれました!

 

優しい一言

2021.1.13(木)

 

みなさん、こんにちは。

短い冬休みと三連休が明け、ようやく学校生活に体と頭が慣れてきました。

本日は看護科2年生の基礎看護「実習前演習」の様子をお届けします。

12月のブログでもご紹介させていただきましたが、

看護科2年生は3年生の5月に行く基礎看護学実習Ⅲに向けての準備中です。

冬休みと三連休を利用し、一連の流れの手順書の作成をしました。

その手順書を基に、全身清拭(体を拭くこと)・寝衣交換(着替え)・陰部洗浄・おむつ交換を一連の流れとして45分で患者さんに行っていくために、どのようにしたら患者さんの安全・安楽を保ちながらスムーズに行えるかを、グループワークにて話し合いをした後に共有し、時間短縮を目指し、苦手なケアの部分練習をしました。

お湯の準備を練習したり、寝衣交換を練習したり、モデル人形を利用していい方法を検討したりと、苦手な部分を教え合い、色々と試行錯誤し、学びを深める良い時間になりました。

「患者さんの45分と看護師の45分の時間の流れは違うと思います。

 患者さんに寄り添った45分にしたいと思います。」

生徒の感想の一部です、こんな気持ちを持った常盤生。

寒さも吹き飛ぶくらい心温まりました。

次は手順書を見直してグループで一連の流れの完成に立ち向かっていきます。

 

 

2年生看護情報活用

2022.1.12(水)

みなさん、こんにちは。気持ちの良い冬晴れです。

さて、今日は看護科2年生の看護情報活用の授業です。今日から2回にわたり、看護とコンピュータについて学習します。

患者さんに安全で質の高い医療を提供するために病院の中でどんなシステムが使われているのか、電子カルテなど実際に病院実習でどんなシステムを使用するのかを学びます。

今回は看護科3年生が校内実習で使用した模擬カルテを操作してみました。初めて自分で操作をしながら患者さんの情報をみてみると様々なシステムによって詳しく患者さんの状態が把握できることに気づけました。

またこれから在宅や地域で治療や看護を受ける遠隔システムが重要となります。医療システムを活用して地域で生活をする人々を支えられる幅広い活躍ができる看護師をめざしてほしいです。

16回生成人おめでとう!

2022.1.11(火)

みなさん、こんにちは。

昨日は成人の日でしたね。本校も専攻科2年生が成人の仲間入りを果たしました。成人おめでとうございます。あどけなかった15歳がすっかり大人の顔になりました。

さて、看護科では1年生が久しぶりの演習に取り組んでいます。今日は基礎看護の『包帯法』です。冬休みにご家族に協力してもらい、事前課題に取り組みました。授業ではこの事前課題をもとに、もう一度生徒同士で包帯を巻き合います。

「家族に巻いた時もここが難しかったんです。」

「どれくらいきつく巻いたら、循環障害って起こるんだろう」

苦戦したり、疑問を持ったり、それぞれの視点で学びを深めました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします

2022.1.7(金)

みなさん、こんにちは。松の内も過ぎてしまいましたが、あけましておめでとうございます。新年早々、大雪に見舞われましたが、常盤生は元気に登校しています。

さて、本日の午後は看護科1~3年生、専攻科1年生を対象に進路講話が開かれました。3年生以外は教室でリモート接続し、密を回避です。

本日講話をしてくださったのは、マラソンで活躍されている川内優輝選手です。埼玉県の職員として勤務しながら、マラソンの道を進む『市民ランナー』として大変有名になりました。プロ契約をした後も、マラソンに向き合う姿勢は一貫しており、道を極める姿は生徒たちにも伝わったことと思います。

常盤は看護の道を極めるプロフェッショナルを育てています。道は異なりますが、今日の講話を通し、生徒たちが多くのヒントを拾ってくれたら嬉しいです。