看護師資格取得のための最短コース
 本校は、看護師を養成する5年一貫の専門高校です。
 看護科の課程(高校3年間)を修了すると、全員が看護専攻科の課程(2年間)に進みます。5年間の課程を修了すると、看護師国家試験の受験資格が得られます。他の高等学校を終えて看護師養成機関へ進んだ場合よりも1年早く看護師になることができます。
 また、保健師、助産師の養成機関への受験資格も得られます。

 

5年一貫で充実した学習 ~夢に向かってしっかり学ぶ~

看護専門職者としての自覚を促し、生涯にわたって看護の専門性を追求し続ける力を育成します。
そのために、5年間を大きく3つの段階に分けて教育活動を行っていきます。

専攻科2年  実現期  Jump

校舎が専攻科棟に移動します。ここで過ごす1年間は、5年間の学校生活の総括といえます。希望する就職・進学に向けて、国家試験合格に向けて、学年担当教員に加えチューター教員が個別にフォローを行います

    

高3、専1年 実践期  Step

  専門教科が増え、臨地実習も始まります。これまでに培った知識・技術を実践の場で生かしていくとき、最も必要なことは、根拠を確かめ考えて判断する「科学的思考・判断力」です。系統的に考え、自分で判断できる力をしっかりと育てます。

   
    

高1、高2年 錬成期  Hop 

  高校一般教科、看護専門教科をじっくりと学んでいきます。看護師として人に寄り添うために必要な「豊かな人間性」、高度化する医療に対応していくための「生涯学び続ける力」を育みます。「確かな知識・技術」の獲得を目指し、生徒の自主的な学びを応援していきます